ステンレスが錆びない理由

ステンレスといえば錆びない金属として広く認知されていますが、厳密には非常に錆びにくいという表現の方が正しいと言えます。このステンレスが非常に錆びにくい理由には、ステンレスに含まれるクロムが関係しています。ステンレスに含まれるクロムは空気にふれると瞬時に反応し「不動態皮膜」という皮膜を形成します。この皮膜がステンレスを綺麗に覆っているので酸化が起こらず錆びないのです。この性質上ステンレスそのものが空気と触れる必要があるので、ステンレス製品は塗装をされていない商品が多いのです。

酸洗いでステンレスは強くなる!

酸洗いとは金属の洗浄方法の一つで、酸の溶液に金属製品を浸すことで表面の錆やスケール(溶接作業などで出る黒い汚れ)や油汚れなどをすべて溶かして除去することが出来ます。ステンレスが不動態皮膜を形成する際に汚れなどが付いていると皮膜形成にムラが出てしまい、剥がれやすくなりますし、一部でも剥がれているとそこから錆びが広がってしまったりと問題が多く発生します。酸洗いでは金属製品全体の汚れを綺麗に除去することができるので、皮膜を均一に張らせる事ができ丈夫なステンレスにすることができます。

酸洗いの持つメリット

また酸洗いは金属製品全般で行われる基本的な洗浄と言えます。ステンレスでは不動態皮膜の形成に必須ですし、それ以外の製品でも塗装の乗りを良くするために金属面を綺麗にする目的として行われます。また表面加工において他の各種研磨では製品に強い力が加わってしまうため細工があるものや細いもの、薄いものでは変形してしまう危険がありますが、酸洗いでは力はほとんど加わらないので変形させること無く洗浄が可能です。

酸洗いをすると、ステンレス製品をより錆びに強くすることが可能です。ステンレス材の表面に非常に薄い膜が形成されて、錆びから保護されるからです。

酸洗の記事
金属表面処理とは