独立したてにはありがたいシステム

勢いで独立してしてみたけれど、全然仕事がない!お悩みの経営者の方は多くいます。営業してみても、見たことも聞いたこともない会社はまず相手にされず門前払い。社員とは違い、自力で仕事を取ることは至難の業です。フランチャイズという言葉は、意味がイマイチ分かかなくとも聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。本部(母体)に対して加盟店が「御社のノウハウ・商標を使わせてください」と加盟金を支払い、本部と同じ内容の活動が出来るシステムがフランチャイズです。本部の知名度が高ければ高いほど看板や商品ブランドで集客が出来るため、収入の面ではかなり助かるシステムです。資金繰りが厳しい、仕事がなさすぎると悩んでいる会社にとっては非常に有効的な手段と言えます。

基本事項がある程度完成されているので楽

本部から使用権を得て仕事を受けていくため、価格や進め方、顧客への対応方法など元となる基盤は出来上がっており、リスクヘッジも整っているためにスムーズに本業に専念することができます。フランチャイズの種類によっては実際の作業や業務遂行のみをこなし、集客や新規依頼の段取りは本部が遂行してくれるところもあります。外注と似たような印象ですが、手間がかからない分効率よく収入に繋げることが出来ます。

自由度は少ないと感じるかもしれない

独立する人というのは、自分の実力に自信があったり、何かを作り上げたいという気持ちを強く持っていたりするものです。基盤が出来上がっているため、業務遂行はスムーズですが、それが時折窮屈に感じることも。加盟前には集客率だけではなく、自分がやりたい方向性に近い本部を選ぶことも大切です。

フランチャイズは経営のノウハウを持つ企業が、開業したいがノウハウを持たない人などに、そのノウハウを提供して双方がビジネスチャンスを狙う事業展開の仕組みです。フランチャイズ募集は、その契約の場です。