垂れ流しで放置しない

水漏れの瞬間は突然やってきます。そんな時は業者に相談するのが最優先事項ですが、即座に来てくれる訳ではありません。少し水漏れしているだけであればそれほど被害は大きくなりませんが、パッキンの破損具合によっては漏れる量が多くなります。当然、漏れている間も水道料金は加算されるので、何とか無駄にしないような行動が必要です。洗面器を置いて、満杯になったら風呂の水や料理の水として使うなどの対策が望ましいです。

間違った対策はしない

十分な知識を有しているのであれば、少々の水漏れは対策できるかもしれません。しかし、素人がその場しのぎの対策をすると更に事態を悪化させる可能性があります。状況がひどくなり、結局業者を呼ぶとなると時間と水道代を無駄にするだけです。業者を呼ぶとそれなりにお金がかかりますが、蛇口のゴムなどは経年劣化するのが当たり前なのでためらうべきではありません。

少しでも漏れたら直す

水漏れに気付いてもポタポタと水滴が垂れる程度だと、事態を甘く見て業者への連絡が遅れてしまう場合があります。ただ、一度水漏れをすると状況は良くなるどころか悪くなる一方です。水漏れは放置するのではなく、早期発見と早期修理が一番大切です。

なぜ水漏れしたのか確認する

水漏れの原因が経年劣化であれば、仕方ありません。ただ、それほど時間が経っていないのに漏れる場合は他に何らかの原因があると推測できます。例えば乱暴に蛇口を扱うなどすれば、それだけダメージも蓄積します。特に子どもはその辺りが分からないので、教育しておく必要があります。

水漏れは配管の破損や蛇口部分のパッキンが摩耗したことで起こります。パッキンは量販店などで市販されているので素人作業でも交換出来ます。配管は規格や材質の違いがあるので、専門業者に任せるのが無難です。