CADには専用CADと汎用CADの2通りがある!

CADとは、「Computer Aided Design」を略した用語で、自動車や家電製品、スマートホンなどを制作する際に必要な図面、作図をするには必要不可欠なツールです。1960年代にある航空機メーカーによってCADAMと呼ばれる2次元CADが開発されたのが最初のCADと言われています。その後、自動車など機械製品の設計図面作成にも使われるようになり、CADが普及していきました。またCADには2通りあり、建築用や配管用など特定分野に特化としたものは専門CADと呼ばれています。一方、様々な分野で活用できるものは汎用CADと言います。さらに汎用CADソフトの中には2D CADから3D CADまで対応しており、高い機能性が備わっているAutoCADもあります。

CADの主な特徴とは?

CADが誕生する前は、製品の設計などは紙に手書きをするという形で行われていました。しかしCADが開発された事で、製品の形状がコンピュータで作業できるようになった事から、作業時間が大幅に短縮され、作業の効率化も向上しました。また図面は線の太さによって仕様が変化するので、手書きの場合は、均一な線の太さに修正する技術が必要となります。しかし、CADは、コンピュータがあらかじめ太さを決めて図面作成するので、誰でも容易に同じ太さの線を引くことができます。

さらにCADは、図面の修正が簡単にできる点もメリットです。ある部分の線を消したり、あるいは追加したりする際でも、CADであれば、手書きのような修正箇所以外に影響を及ぼすリスクが少なくなるので、より正確な図面作成が行えます。

CADとはパソコンを使って設計や製図ができるソフトなのですが、電気CADでは更に電気設計において優れているもののことを指します。