合宿免許はなぜ早く取得できるのか

運転免許を取得するとき、試験場で実技を受けるならお金も時間もあまりかかりません。しかし実技試験に合格するのは難しく、何度も受けないといけないかもしれません。それなら最初から教習所に行って実技を免除してもらう方法を取った方が安く早く取れそうです。教習所に通う方法でできるだけ早く取得したいなら、合宿免許を利用しましょう。地方の教習所に行って泊りがけで教習を受けます。通常の教習所は1日に受けられる教習が限られていて、しかも常に予約が取れるわけではありません。合宿だと教習所側がカリキュラムを組んでいて、予約をしなくてもどんどん教習をこなせます。教習と教習の間が短いと延長もしにくくなるため、早期取得が可能になります。

早期取得コースがある通学の教習所

運転免許を早く取れるとして知られているのが合宿免許ですが、一定期間現地で宿泊をしながら教習を受けます。人によっては出会いがあるとか観光ができるなど楽しめるようですが、中にはなじめなくてつらい合宿期間になる人もいます。合宿免許に抵抗があるもののできるだけ早く取得したいのであれば、早期取得コースがある通学の教習所を利用すると良いでしょう。早期取得コースは通常コースよりも少し教習料金は高くなります。その代り優先的に教習が受けられます。一般コースだと予約が取れないときもありますが、早期取得コースは事前にカリキュラムが決まっていたり、別枠があるために予約が取りやすくなっています。1日の教習量が多いので、多少疲れるかもしれません。

合宿免許とは、宿泊施設に寝泊まりしながら運転免許を取得することを指します。短期集中型の人がとる方法で、一般的には教習所へ通う場合よりも低コストで卒業できるほか、合宿仲間ができることが魅力です。